☆六十花甲子 2

甲子から始まり、癸亥まで60個の干支・・・

たとえば、今日、2013年7月2日にお生まれのベイビだったら

「己巳」

単独で、その干支の個性を感じ取ってみましょう。

三柱でなくても、四柱でなくても、

このたった一柱でも、充分感じ取れます。

盛夏の頃の陽光に照らされた田園、

「園王」とも呼ばれる干支です。

盛夏の頃、田園には青々と作物が成長していて・・・

しっかりとした充実した田園の姿が浮かんできます。

みんな持ってるお誕生日は、こうして干支に置き換えると、

初めて対した方でも、

本質的にこういう方かな・・・とほぼ掴めます。

日干支はその方の基本像・・・

日干は、その方ご自身を、

そして日支は、日干が基本的に持つエネルギーを測ることもできますが、

日支は、配偶者の場所でもあります。

ですから、

たとえば独身の方だったら、将来どういう方とご縁があるのだろう・・・

配偶者は、ご自身にとってどういう方で、自分を鍛えてくれるのか、支えてくれるのか、お互いにどういう影響を与え合うのか、そういうことまで分かります。

今日のベイビだったら巳火ですから、日干の己土を照らす夏の太陽。

日干は、強められています。

あなたをバックアップしようじゃないか、というご伴侶とご縁があるということです。

一応、基本的には、ですけれど・・・

一柱でもこれだけの情報が入ってきます。

六十花きのえね・・・

Who am I ?

の問いにも・・・答え始めようとしてくれます。

あの人はどうだろう?

友人はどうだろう?

六十花きのえね・・・みんなそのままでいいよって、

言ってるみたいです。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

きのえねファイル

Posted by amarin