☆六十花甲子 3

今日、2013年7月3日は?どうでしょう・・・

「庚午」

庚金は、鉄鉱石の原石です。

午火は、蔵干に、

丁火と己土があります・・・

この六十花きのえねファイルでは、そういう蔵干の取り方です。

今日はそれで行きましょう!

丁火→己土→庚金、ということで、

牽牛星→玉堂星→庚金、相性で、学者、芸術家で大成・・・☆

出炉の金、離太白と呼ばれる干支です。

ただ、火性に乗っかってる庚金だから、焼けてどろどろに溶けます・・・

鉄鋼石原石は、火性で溶かして初めて器としての用をなすわけですけれど・・・

これ一柱では、いつまでも溶けたまま・・・

それでは器をなさないので、

冷やして、形を作ってあげなくてはいけない、

もしも、他柱にも火性が多いようなら、

他柱に水性が一個でもいいからあって欲しい・・・

他柱・・・が出てきました・・・

他柱に目を向けるんだ~

隣の月柱や年柱に視線を送ってみて・・・

他柱や後天運に、水性や、水性を後押しする金性があれば名器になれるかも、なんだな。

そんなこんなで、20代前半だった私はこのきのえねファイル、手放せなくなってしまったのでした!

部屋の隅っこで、ときどき思い立っては読みふける・・・

いつの間にか、

忍者の巻物!

そのものになってました。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

きのえねファイル

Posted by amarin