☆18歳未満にして親縁なし

親剋型には9個の条件がありますが、その内、1個所有でも親剋型になります。
1つもなければ、親奉型ということですね。
ここに1つの条件を充たした親剋型の子供がいるとして、
たとえば、天将星の所有、というのにしましょうか。
天将星は、どこにあっても親剋型です。
五徳という考え方があります。
ま、簡単に言えば、福、禄、寿、官、印のことで、福とは心の安定、幸福。
禄は、経済の豊かさ、財。寿は健康。官は、名誉、試験に受かる、出世。印は頭がいい。聡明。
この五徳の内、4個以上が陽転の場合、「18歳未満(20歳位になることも)をもって親縁なし」とみなす、というのです。
たとえば、幼くして養子に出された、というのも親縁なし、という環境に合致しているわけだし、
あるいは、親の離婚によって片親になった、というのも環境合致です。
困難な環境にあって可哀想に、と世間一般、常識では見なされることも、本人にとっては、自分を伸ばしていく環境としては整っている、ということになるわけです。
裏返せば、親剋型の子供を持った場合、どうしてこういう子供が送りこまれたのかを考える機会とし、受けとめていくようにすればいいわけですね。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

My Diary

Posted by amarin