☆親克っ子の生き方・・・

おはようございます。
少なくとも、親子がぶつかること多く、運にシーソーも起きますよ、と、不安材料を提供するための技術ではない、ということはご理解下さいね。
もしこういう関わり合いの可能性を知っていたら、親克っ子は、親にいつまでも甘えていても自分には意味のないことだ、と、人生の早い内から自立に向けて準備を始めることでしょう。
また、ほとんどが親のエゴが原因の、親との不毛な対立も、賢く避けてもいけるでしょう。
また、そういう知識の全くない聡明な親克っ子は、何かしら親とうまく行かないな・・・とか、なんで両親はこんなに仲が悪いの(これは、親克っ子本人の金性の陽転が遠因である可能性もあるわけですが)、など、そういう苦悩をちゃんと経て、この家を出て行くことが一番自分らしく生きられるのではないか、そんな風にアセンションが進んで行くことでしょう。
そんな感じでつかんでみて下さい。
本日の親克条件
・大運初旬から大運天中殺に入る

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

My Diary

Posted by amarin