☆続「畑のことばかり・・・」 算命学的に。滴天随も織り込んで!

日干は「甲木」、樹木です。

戌月生まれの甲木。

霜降も近く、寒さも忍び寄ります。

月干に丙火が透出しています。

陽光、太陽です。

この丙火、戌月ですから、さほどの強さはありませんが、他柱も含めると私の命式は、火性は強い方。

甲木→丙火、甲木→丁火、

大運は、順運巡りで、最初に冬の方三位です。

ですから、この火性はありがたいです。

少し強すぎますが、守護神には違いありません。

戌月は、とっても乾燥した土性月

水性の状況もチェックする必要ありです。

私の命造では、水性はとても複雑、戌土には辛金も含まれますし・・・

とりあえず、

命造全体の乾燥を防ぐ壬水と、根に養分を貯えた秋の樹木ですが、適度に癸水も欲しい命造ではあります。

水性と畑の関係は、後日・・・

さて、丙火、陽光ですが、

私にとって「丙火」は、鳳閣星。

鳳閣星にも、いろいろな象意がありますね。

マスコミに代表される私心を含まない表現、伝達、というのがありますね。

聡明さ、になって現れる方も、

正確さを要求される会計に関する分野、というのもあります。

また、趣味、芸術、芸能、遊び、子供、食禄、というのもありますね。

この「遊び」にフォーカスしてみましょうか。

日干「甲木」の遊びは、「丙火」に関係が深いということです。

人それぞれ、現れ方は異なりますが、「陽光の下で、自然に囲まれて」という遊びもあります。

戸外のスポーツ、登山、散策・・・など、いろいろありますね。

鳳閣星が伝達、ということで、表現、お喋り、発信、という「遊び」になって行く場合も、当然あります。

遊びと限らず「ライフスタイル」というべきですね。

でも、陽光の下、自然に囲まれた場所での畑仕事でも、農薬を使い、虫と戦い、化学肥料を使い、となると「遊び」にはなり得なかったと思います。

抵抗感なく、ワクワクで、無心で集中できて、瞑想状態ともなれてしまいますから「遊び」なんでしょう。

「畑のことばかり・・・」は、思いがけず、畑仕事で瞑想状態になって遊ばせていただけてるから、なんだと思います。

明日は水性、創作、育てる、助けられる、からのアプローチです。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています