「歌の翼に」

もう20年以上も前、ショパンコンクールで衝撃的デビューを果たしたスタニラフ・ブーニンが初(ではなかったと思いますが)来日したときのライブビデオをハードディスクに落としたものが目に入って・・・。
ブーニンさんが世に登場したとき、評価は分かれましたが、私は熱狂した方、叙情的・・・というのとは違っていわゆるテクニシャン、曲芸的、でもそれが、いかにも無機質というのではなく、説得力や透明感があって、人柄みたいなのが溢れてて・・・
大好きなピアニストの弾き方の癖は自然に真似ようとしては、師匠からよくお小言を・・・。
で、今夜・・・
そのディスクのコンサートの最後の短いアンコール曲だけ、むしょうに聴きたくなって・・・
メンデルスゾーンの歌曲「歌の翼に」
ピアノ独奏用、さらにもっと素敵にアレンジされた1曲です。
その、ブーニンさんが演奏したアレンジではないのですが、検索で見つけたのがこちら
無知な私は今日まで知らなかったのですが・・・
ハイネの詩にメンデルスゾーンが作曲したものなのですね。
このハイネの「歌の翼に」の訳詩が素敵だったものですから・・・ちょっとご紹介
舞台はガンジス河、蓮の花園だったなんて・・・

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

My Diary

Posted by amarin