☆午月午日午時・・・

降りそうで・・・
あまりまとまった雨にならない・・・当地です。
ザーっとひと雨欲しいな・・・
午月の日差しは・・・侮れません。
明治時代の、知る人ぞ知る人物ですが、
月、日、時に午が3個並ぶから、親御さんが幼名を「三午」とされたのだそうです。
夫のたっての所望で、その方の四柱を立て、どんな人生かを伝えることになったのですが、
検索で出てくる生年月日は、亥日、未月・・・
幼名の謂れとは異なるのですよね・・・
その方の自伝が見つかり、三午というお名前には、信憑性はあるのだと感じます。
とにかく午月に3日ある午日に、午時の干支を加え、三パターンの八字を出して、
事象に照らし合わせることにいたしました。
なるほど・・・
四柱を立てる前に、夫の読み上げる年譜の事象から、日干は庚金他ない、と感じたのですが、
3パターンの内に、日干「庚金」があって、その方の波瀾と崇高な人生の事象と命運がダブルのに、勝手に感激など・・・
今となっては確かめようもないこと、愚かしい!と言われてもいたし方ないことですが・・・
お名前に、午が3個並ぶという記録が残されてるってこと・・・
130年以上を隔てた今、
その方の人生から、勝手に八字を想定してみるのも、
ちょっとワクワクしました。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

運命を左右する星について

Posted by amarin