☆環境不備が味方になる・・・

昼ごろには雨も上がって、初夏の強い陽射しが少し戻りました。
最近、なかよしになった幼稚園生の坊やに、ささやかながらお誕生日のプレゼントをと思って、
昨日の午後、雨ん中、探しにでかけたのですが、何とも、お目当てのお店は期待はずれ・・・
今日、陽射しの中、改めて、別方向のお店に行ってみようと・・・
今日は迷わずに、選ぶことができました。
ちっちゃい子のプレゼントだからこそ、私なりの思いをこめたくて・・・
そんなこんなで、依然、受身の没頭は継続中なのですが、
読書もひといきついて、
鑑定書は、丁寧に落ち着いて書いておりますが、
あっという間に作れるお酒のおつまみ、毎日、30分位を費やして2・3品、という感じ、楽しめてるかな・・・
食材は断然野菜が多いし、スーパーでお肉売り場は遠のいても、スパイス、ハーブ売り場はうろうろ、ですかね。
依然から、欲しかった柚子胡椒であったり、一味唐辛子であったり、パセリ、にんにく、塩昆布とか、味にアクセントを付けるものがあるっていうのが、時間短縮に一役買ってるのかな。
とは、言っても、家では、私はほとんど飲みません。
家ではすぐに眠くなるし、外では気が緩めないので、酔わないというか酔えません。
でも、これからは少しくらい、楽しんでみようかな・・・
親克型、昨日の内容に追加です。
天中殺の御三家ですが、宿命天中殺は除きます。
たとえば、辰巳天中殺所有で、生月中殺であったり、とかです。
たとえば、子丑天中殺でしたら、初代運ですから、まず親の恩恵は受けるべきじゃない訳です。
受けるよりは受けない方が伸びていくわけですね。
親の力量が大きい場合は、同居する子丑天中の子供にシーソーは起こりやすいということです。
また、親に力がない場合は、恩恵を受けない、受けたくても受けられない、という出方をする場合もあります。
こういう場合、あきらめは早いので、ゼロから自立せざるを得ない、という環境不備は、味方です。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

My Diary

Posted by amarin