秋生真里の算命学 人生相談
秋生真里の算命学 人生相談 > 11.冬のソナタ、韓国ドラマ > 冬のソナタへようこそ・・・・見ました

冬のソナタへようこそ・・・・見ました

「AquaMarineさん、今晩11時10分、冬のソナタへようこそ、見てね。」
 出勤簿の記入が一緒になったYさんが、話し掛けてくれました。
「冬ソナのこと・・?」
「そうそう、絶対に嵌るから。」
「若い人の見る恋愛ドラマって思ってたんだけど・・違うの?」
「違う違う。30代より上が嵌るのよ。」
「そうなんだ・・!」
「だってNさんが嵌ってるんだよ」 
「え?ホント・・?そうなんだ」
 Nさんは少なくとも私より年上の方です。
「わかった、有難う、楽しみにしてるね。」
 そんな訳で、夜、冬のソナタへようこそ、を見ました。
 チェジウさんの雪のような美しさにうっとり、韓国の自然もとても素敵です。そして何より、ユンソクホ監督の語るこのドラマの主題に、どうして30代以上の日本人まで嵌るのか、が良く分かりました。私も嵌りそうです。
 初恋を思い出してください。というドラマなのですね。
 この番組を見ていて、初恋というよりも私には十代後半の2・3の恋がふと蘇りました。それだけで涙ぐんでしまいました。そのころの純粋で一途な思いを抱いた自分に対してとても優しい気持ちになれました。癒される世界ですね。
 そしてもう一つ、この番組でバイオリニストの川井郁子さんにテレビで再会できたのが嬉しかったです。一月頃でしたか、こちらのローカルニュース番組で高松出身の彼女の演奏をふと聴く機会があって、心が震えてしまったのです。いつかCDが買いたいな、と思っていました。
 DVDも販売されてますが、四月からゆっくり楽しみたいと思います。アナウンサーが紹介したチェジウさんのプロフィールで知った生年月日で彼女の星をさらっと見させていただきました。明日は、そのことを少し語ってみたいと思います。
  

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。