ヨン様ってやはり強運?

 ヨン様来日フィーバーの様子を見ました。
相変わらずの大人気ですね。
「ヨン様は今はもうなんとも、イ・ビョンホンさんかな」とか
「ヨン様の次は○○さんで今はリュ・シウォン君!」
とか、日本の女性ファンの韓流への心変わりも激しいのかと思いきや、やはりヨン氏の人気の根強さを感じました。
微笑みの貴公子らしく心からの笑顔といい、しっかり手も振り、感謝の気持ちを表す深ぶかとしたお辞儀といい、あのサービス精神と礼儀正しさは、同じ東洋人として強烈に伝わるものがあるんでしょう。
10億円傷害保険はご自分のためでなく、こうして出迎えてくれるファンの安全を心配して、なんて心遣いもさりげなくやってしまうところが、オバさま方を泣かせちゃうんでしょうね。
「ヨン氏の星ってやっぱり強運なんですか?」
という質問をよく受けますが、スケールといいアピールといいの大きい方であることは確かですね。
宿命に「壬辰」と「壬子」の大半会。
「水の世界の王様」のような方ですし、艶っぽさも一流、派手な自己宣伝も無意識にやってしまう、そんな方ですね。
先日コメントを残してくださった方が
「日本の芸能人を好きになったことはないのに、どうして次から次へと韓国の俳優さんを素敵だと思ってしまうのか、不思議・・・
とおっしゃってました。
それ、ちょっと分かるような・・・。プロ意識の違いなんでしょうか。
「原宿辺りでスカウト、なんとなく芸能人に」(皆さんがそうとは決して申しませんし、実力のある方も多いです)ということもあったりと、
「国家の政策で映像文化の発展に努力、若者が一生の仕事として大学で学び、役者や演出家になっていく」
その辺の取り組みの違いって大きいのでしょうか?

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

冬のソナタ

Posted by amarin