★「ブラザーフッド・チャン・ドンゴンさんの星

平日の午後、その日は女性割引でしたから映画館は幅のある年齢層の女性がかなり入ってました。
イケメン二人を主役に据えて、戦争の残酷ささと平和の尊さを多くの女性にも知ってもらおうという意図が感じられたようなw」w」w」気がしないでもありません。
周りは確かに韓流ファンのトークが溢れてて、ウォンビン、ドン様見たさ、なのかな・・・?
かく言う私も実は、さる女性からウォンビン、ウォンビンと聞かされて半分はミーハーだったような・・・。
乗り込んだときと映画館を出てくるときではw「この二人のイケメンスターに対する気持ちって変わってました。
やはり、役作りに対する真摯さは胸を打たれるものがありました。
では、ドンゴンさんの星をサラっといきます。
ドン様は日干燃える炎の丁火、春卯月のお生まれ。
胸の星はヨン様と同じ龍高星。
龍高星を持つ俳優さんがホント多いです。
海外進出、動きw「経験から学び取る知恵、芸術創作本能という意味
でやはり彼らは韓国を知らしめる役割を担っておいでなのですね。
ドン様は他に特徴は、車騎星、牽牛星という陰陽の闘争本能のある方、そして周りにさりげなく愛情を注いでいかれる優しさも・・。
丁度、ジンテそのもの。
戦場で率先して機転を利かせながら突進していく姿、弟や家族に注ぐ愛情の深さといい、ドンゴンさん、そのもの。
シナリオを読まれ、きっとピンと来るものがあったのでしょうね。
ハマリ役でした。
明日は、ウォンビン君を行きます。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

冬のソナタ

Posted by amarin