芦屋マダムの星

こんなご夫婦の星を見たことがあります。
 テレビの「マダムに会いたい」に紹介された某芦屋マダムの星は、宿命にも大半会という融合の干支の組み合わせの多い方でした。ご自分の中にも物事の発展の意味が大きい方です。  
「よかったら、勉強のためにご主人の生年月日を教えていただけませんか?」とお願いしました。是非、相性も見て欲しいということだったので、この経済的に成功されているご夫婦の星を見させていただく機会が得られたのです。
 星を算出して、さもありなん、の感でした。ご主人も全く同じ干支の大半会が並んでいらっしゃいます。ということは、ご主人も宿命に融合が多く大発展の意味の強い方である上に、ご夫婦でも同じ干支の組み合わせですから、お互いにも融合が成立、計り知れない
融合と発展の組み合わせだったのです。
 大半会といってもさっぱり理解が不能と思いますが、今日は紙面の都合で詳しくは説明できないことをお許しください。簡単には、夫婦の相性を見る上で、夫婦の絆の強さいう意味で共通干支で判断します。大半会、律音、納音、などがあるのですが、大半会は、1たす1が2にも4に8にもw」w」という具合に大発展していく組み合わせなのです。また、その逆の可能性も含んではいますが・・。ただ、それのみで成功なさったというのではありませんが、ご夫婦の組み合わせとしては発展の型の標本のようでした。
「私はただ、ここに座っていただけなんやけどねえ」
と、マダムは食卓の机を指差されました。
 夫婦、また親子、仕事上の相棒など、共通干支の存在は現象としてかなりはっきり現れます。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

運命を左右する星について

Posted by amarin