私も行ってきました。

宙に浮いてる5000万件に該当していなか、心配になって、
朝から社会保険事務所まで出向きました。
5時間待ちを覚悟していきましたが、当地では1時間ほどで。
夫の3○歳以降は、転職がたびたびありましたので、どこかで未納扱いにされたまま放置されていないかと。
全く電話は通じないし、とにかく手帳や資料を持って出かけるしかありません。
最初の事務所での照合で、夫の方に問題はないことが分かりひと安心、
親切で、テキパキとした対応を受け、こういう時期だからこそ、職員の方も襟を正してなんだな・・・でした。
私の方も未納期間はないのですが、問題点が2箇所ほど発見され、この後、もう一箇所の事務所に出向くようにと。
そちらでは、たまたま担当の方、その方だけがそうだったという印象ですが、びっくりするくらいぞんざいな対応で、
7枚ほどの書類をポンと渡し、「あっちでこれ書いて出して!」ですから。
これはどういう書類なのか、空欄は一杯ありますが、ここと、ここに書いて、という指示もなく、どうしてこの日付を入れるのか、ど素人の私が知るよしもなく、
「説明して下さらないと分からないんですけど。わからないまま記入なんてできません」
と居座りを決め込みました。
しぶしぶと説明を始められ、いつ嫌がられるか心配ではありましたが、そういういうこともなく、結局は丁寧に説明いただけました。
それに従って記入、出来上がるころには私もようやく納得でき、
これで晴れて無事であることが確認でき、お礼を申し上げました。
帰宅は2時ごろ。
無料メルマガですが、本日中の発信はできなくなりました。
明日中に、発信させていただきます。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

My Diary

Posted by amarin