☆大運天中殺を自分のものにする 8

しばらく続いた雨が上がって、さほど暑くなく爽やかな土曜日です。

昨日は夏至でした。
メタトロンによれば、20日、21日の夏至には、愛が大気に満ち溢れてるそうです。
ツインフレームとの再会のとき・・・

大分以前、書かせていただきましたが、40年連続大天について、

20年単位でみますが、「前半陽転、後半陰転」「前半陰転、後半陽転」というケースが一般的です。
ですから、前半を掴み損ねた場合は、終了5年前位から徐々に上げて行かれ、2回目をぜひ陽転に。

2回目は少し早く入ることも多いので、じっと耳を澄まされて・・・陽転メッセージをキャッチして下さい!

前半陽転の方が、後半も再度、陽転にする・・こんなこと実際に可能なのだろうか、というような処世法もあります。

それはさておき・・・

今回の連載で、以前、書かせていただいたのですが、

離婚、も、結婚も、離の現象・・・というお話をしました。

痛手となるようなお辛い別れから、しばらくして、新しい出逢いが、

その出逢いから、数ヶ月でご結婚に・・・

その新しい出逢いの後から、急に運気が好転、人生が順調に・・・

というお話を、伺いました。

その頃、何かあったのでしょうか・・・?

この別離とご結婚の時期、よく拝見すると丁度、大天の入り口でした。

ご依頼者の方も私も「あっ!」

穏やかで、温かくて、愛の溢れるご一家です。

大天、愛の陽転をご紹介させていただきました!

お読みいただきまして、ありがとうございます。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

運命を左右する星について

Posted by amarin