☆大運天中殺を自分のものにする 4

当地は今朝も綺麗な青空が広がっています。

高梁市などは昨日、トップクラスの暑さようだったですけど、さほど湿気を感ず心地よい朝です。

少雨は心配です・・・

河には、滔々と水が流れることが、いかにありがたいか・・・です。

何でも、不安に思う、心配の対象、としてフォーカスすると、その不安な状況を実際に招く、ということ、ありますね。

だから、お野菜だって、植物油だって、心配しないで感謝していただいて行く方が・・・

でも、「2009年グリンピースの発表」ですか、どういう製品に遺伝子組み換えの野菜が使われているかという、表示はありがたいです。どんどん発表してほしいです。

消費者はチョイスのときに考えるだろうし、そうすれば、売れないし、企業も「そっか・・・!やめとこ」ということになる可能性は残されます。

でも2009年とは、過去だな・・・

大天、40代から、です。

40代前後から始まる大天は、陽転しにくい、というは、実際に学館の授業でインプットしました。
でも、一般論ということで。

普通に、学校出て、就職して、結婚して、家族が増えて、大きな失敗もなく、突然の転職という冒険もなく、それなりに順調で、という場合には、大天ということを意識することもなく済んでいく、ということはあるかも知れません。

努力の割には不遇だった30代で、突入だと、組織内でここから順調、というきっかけになることは多いでしょう。

この時期には、それぞれの方のバックも多岐にわたるので、この上昇度合いというのが、本当にそれぞれで、ドラマティックという印象です。

それまでも順風満帆、外側からはそうとしか見えない状況でも、実際は見えないところで常人とはかけ離れた努力をされて来て・・・30代が終了、40代になって大天に、

高運気のままの突入した場合、自然に任せると下降ということが起きます。

これまでも努力、能力による前進という裏づけはあるので、ご自身は何故、どうして?

このまま下降ということもありますし・・・

でも、この下降がターニングポイントとなって、40代の大天をご自分のものにされる・・・ことも。

いよいよ乗りはじめられてからは、30代までの努力、能力、人望、実績の蓄積もあり、驀進されました。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

運命を左右する星について

Posted by amarin