「日本という国」

お盆休みも終わり、日常に戻っています。
15日は、小泉首相の靖国参拝に揺れた1日でしたが、今年は例年以上に、いろいろ考えました。
大阪の帰り、梅田の紀伊国屋で、なぜか読みたくなって、「日本という国」(小熊英二)という本を購入。
小泉さんの参拝が、中国、韓国の批判の対象になるのも無理はないのだな・・・という印象。
この本に書かれていた内容、30年前に日本史で教わったかな?
少なくとも、自国に都合のよいような話だったのか、殆ど印象に残ってないのですね。
賠償請求権放棄とこういう交換条件があったとは・・・(知らなかったな~)
賠償が経済援助にすりかえられたことも・・・(知らなかったな~)
不勉強もいいところですが!!!?
○の後ろ盾もあって、儲かることならなんでも、がむしゃらに突っ走った戦後の経済復興の陰には、こういうアジア諸国の犠牲が強いられたことも、よく噛み締めないと、ですね。
新大阪の駅で伊勢の「赤福」を見つけて、ついふらふらと買いに行ってしまって・・・。
娘と夫は私が突然いなくなったから探したらしいです。
赤福といえば、やはり私にとって郷愁そのものですから・・・。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

My Diary

Posted by amarin