★直木賞作家 角田光代さんの星

 雪になることを期待していた娘は、朝練で早起きしましたが、ちょっと落胆の模様。
県南地区はあまり雪は降らないようです。
今はよく晴れていますが、風は相当に強いです。
「対岸の彼女」半分位読みました。
小夜子と葵・・・全く生い立ちの違う二人ですが、同じ大学の学生でした。。
お互い知り合いでもなんでもないけれど、その後、葵の会社で小夜子は偶然働くようになるのですね。
葵の高校時代の友人、ナナコがちょっと気になります。
そして葵と小夜子がどんな経路で同じ大学に行くようになるのか、も興味があります。
とくに葵、ナナコとラブホテルを転々とし始めた頃ですから・・・。
今のところそれくらいです。
描写が自然で、無理なく読み進められます。
角田光代さんの星もちょっと興味があって、さっき星図を眺めていました。
野次馬っぽい生活ですが、仕事ですからこんな研究も欠かせません。
90年海燕新人賞、96年野間文芸新人賞、その後、坪田譲治文学賞・・・と数々の文学賞を受賞。
で、今回の直木賞受賞。
この辺の名誉運をちょっとチェックしておきましょう。
29歳から48歳までが大運天中殺ですね。
29歳といえば、96年ですから、野間文芸新人賞受賞と重なります。
ここ一番の大勝負には、大運天中殺は、かなりの方がかなりの割合で絡んでいます。
現在、37歳でいらっしゃいます。
入られて10年目位です。
上昇運の7合目辺りですね。
その上、この29歳から38歳までのの10年間は「牽牛星」やはり名誉の星が巡っています。
宿命の方はかなり偏りのある組み合わせで、星のバランスは良いとは言えません。。
しかしこの大運の「牽牛星」を生み出している「丙火」が干合で宿命に必要な「壬水」を生み出しています。
ですから、この29歳から38歳の10年間が、「人生の勝負時」と言えそうです。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

人物占星術, 話題の人物

Posted by amarin