★「猟奇的な彼女」チョン・ジヒョンちゃんの星

 チョン・ジヒョンちゃんの占星術です。
 ジヒョンちゃんは日干支は「辛巳」これは牽牛星を生み出します。そして本質は「辛金」ですから一流意識もしっかりあるしプライドも高い女の子。名誉にも縁の深い人生ですね。
胸の星は玉堂星。頭もよく古典的な美人です。
この玉堂星は龍高星的になり、やはり芸能界を渡っていくに相応しい逞しい知恵に変化しています。
貫索2個で、結構利かん気だけど協調性もあります。
「猟奇的な彼女」のヒロインはジヒョンちゃんの「素」に近いんだそうです。
まさかぶん殴ったりはしないだろけれど、そうですねw」w」w」相当にプライドが高く気は強いでしょう。
美人、負けん気強く、プライド高く、頑固だが協調性あり、頭の回転速・・・トータルでそんな感じです。
ジヒョンちゃんは秋土用の「辛金」です。「戊土」も多いですら、ダイヤモンドは山に埋もれてしまってます。
この牽牛星を輝かせるには、木性、が必要ですが、宿命に木性はありません。
木性で山を掘り起こさないとダイヤは出て来られないからです。
そして堀り起こしたらり「壬水」で洗ってあげないと輝きませんね。
水性も宿命にはありません。
23歳からの10年間の大運に入られたところですが、「辛丑」です。
水性は少し補えますが、「辛金」は金性ですから守護神とは言えません。
ですが・・・宿命の「辛巳」「辛酉」と大運の「辛丑」が物凄い融合状態です。
三合会局の上にそれぞれが大半会です。
これからのこの23歳大運は大発展のときですね。
これは凄いスケールです。
「猟奇的な彼女」の時期にも守護神の木性は自給できてないですが、「子」の中に癸水があります。が、壬水が欲しいです。。
それで相手役のチャ・テヒョン君の星を見ると、「丙火」が一杯です。
これはいい相性ですね。
テヒョン君と共演すると「壬水」が生まれて守護神に。干合です。
またクァク・ジェヨン監督は日干が「甲木」の男性。
これは彼女の山の土を掘り起こしてくれますね。ダイヤを掘り出してくれる相手です。
ジヒョンちゃんの現況が掴めました。
次回の作品もクァク監督、台本の作品ということで、きっかけはこの監督さんとの相性。
「猟奇的な彼女」ではテヒョン君との相性、そして彼女自身の持つ強運、この絡みがジヒョンちゃんを一流に導いているようです。
出会いって必然性がありますね。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

冬のソナタ

Posted by amarin