「冬ソナ占星学・出版裏話

性格的に隠れていたい方というか、目立ちたがりやでない私にとって出版など思ってもみないことでしたがw」w」w」。
ここ数日、日記も禁欲状態でしたのは「冬ソナ占星学」の2回目の校正に神経集中だったからです。
占星学の図表の修正や最近の漢字用法に拘り始めたら、平仮名か漢字かで迷路の中にw」w」w」。
これって歳が知れちゃいますけど、漢字が使いたい派、にまだ属する古い人間なのかなぁ~?
たとえば「ドラマ、映画を観る」を新聞などでは「見る」にするわけですが、どうなんでしょう?
楽天の皆様は「冬ソナを観る」が断然多いですよね。
そんなことに拘っているだけで内容チェックが後回しになってしまって、読み返したらとっても恥ずかしいようなw」w」w」。
これって、ヌードになるようなもんジャン!(カラダなんてどなたも見たくないでしょう!)ああぁ~w」w」w」。
でも、ヌード写真集じゃないんですからw」w」w」。ご迷惑はおかけしません!
笑ってやってください。見てやってください。に徹する図太い神経さえあれば大丈夫かも。(なさそうw」w」w」)
覚悟を決めます。どんなことでも受けて立ちます。風雪にも熱風にも暴風雨にも耐えます!
といわけで、内容の話をすこし。
取り上げているのは日本では高尾義政氏が広められた算命学です。わたしも20数年さまざまな占星学を学んできましたが、一押しの占星術です。
哲学的要素の濃い処世学なのですが、深く学んでいくと神が課した今生の修行内容まで読み取れるようになります。「じゃあどう生きるか」の疑問にすっきり答えてくれるという点が気に入っています。
とにかく肩の力が取れて楽な生き方ができるんです。「あっそうなんだw」w」w」」という感じです。
高尾先生は十数年前に亡くなられていますが、中国に一子相伝の秘伝として伝わった算命学を広く公開したいという希望を持っておられたようです。それに少しでもお役に立てればw」w」w」と思っています。
大好きな「冬ソナ」とドッキングさせてお話します。詳しくはまた後日w」w」w」。
冬ソナグランドフィナーレの放送、楽しみですね。
ある方の日記で今度はBSでノーカット吹き替えなしが12月から始まるように書かれていたのですが、本当でしょうか?(情報オンチのため定かではありません)もし本当だったらヨンジュンさんやジウちゃん、ヨンハ君の声がそのままなんて、嬉しいです。
そのとき「このように演じよう」という彼らの素の心が伝わってきますものね。
韓国語の響きも楽しんで味わえそうです。かなり彼らのセリフは頭の中に入ってますから、意味と重ねながら韓国語の響きを耳に入れること、やってみたいと思っていました。
15日のジェラール・フィリップの「危険な関係」も楽しみ。どういう風にヨンジュンさんの「スキャンダル」と繋がっているのかを確かめてみたいと思っていましたから。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

出版

Posted by amarin