プレーヤーとコンポーザー

というわけで、昨日、あのままの勢いよろしく「まぐまぐ」に申請しようと思って・・・。
申請もなんとか終えたので、「占い」のメルマガ一覧に目を通してみました。
小1時間、「これは」と思うメルマガのバックナンバーなどを読んでみましたが・・・。
やる気満々になるどころか、私にしては珍しく、後ろ向き・・・。
「占い」関連のメルマガの量ってもの凄いですね。
「何年間で購読者数は○○から○○○○になりました」、だとかの宣伝を見てたら、このままだと、つもりはなくても「数」を追いかけることになりそうで、ちょっと・・・。
以前、お医者さまであり音楽家であろうとする方と、メールでお話させていただいていましたときのこと。
音楽家にも医者にも、「プレーヤー」と「コンポーザー」があると考えておられるのだそうです。
そして、その方の場合は、「プレーヤー」でありたい、とおっしゃってたのですが、そのくだりに、私自身もとっても共感を覚えました。
今、ネット世界、あるいは日常生活の中で、「市井の鑑定士」としてささやかながらもお仕事させていただいていますことに、胸にすっきりするものを感じます。
依頼者の方と1対1で、その方のお幸せだけを願ってお仕事をさせていただきますこと、やはり、私もプレーヤーでありたいんだと思います。
ですから、当分、ブログも今のまま、「シュンなお人に心を揺さぶられたという刹那」をお伝えできるのは、今の私の場合、メルマガじゃなくてブログなんですね。
8月はとにかく、ご先祖さまの御霊を敬うこと、そして日々の鑑定に集中いくのみです。
しばらくは「私らしいメルマガのあり方」を模索してみようと思います。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

人物占星術, 話題の人物

Posted by amarin