秋生真里の算命学 人生相談

☆田中慎弥氏の☆

寒波が来るようですね。
昨日は、当地は大寒の頃とは申せ、暖かでしたよ。
とくだねを観てたら、田中慎弥さんの不機嫌会見のこと・・・・興味深かったです。
田中さんってどんな方なんでしょうね。
三柱、看てみました。
日干は甲木の方なのですね。
年柱「壬子」と月柱「辛亥」と、大変、水性の強い方だけど、
現大運に、専気の木性巡ってて、甲木の根は浮いちゃわないで、護られてます。
時柱は分かりませんけど、火性や土性の要素がここらあたりにあるのかも知れません。
そうでなければ、表現に気持ちは向かないでしょうし・・・とにかく陽光が守護神の方です。
あるいは!
表現世界に埋没する・・・そういう生き方が、陽光「丙火」を生み出し、ご自身もとても心地よい、ということも考えられますから、迷いもなく真っ直ぐ来られたのかも知れません。
日干「甲木」ですから、ますますストレート!
そして基本的には、純粋でシャイな方です。
きっとお母様思いのいい方なんでしょう。
今後は、春から夏へ大運は巡って行きますから、コツコツと自然体で表現をされて行かれることでしょう。
生き方に迷いがない、
こうして掴まれた名誉ですね。
おめでとうございます!

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

2 Comments »


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。