秋生真里の算命学 人生相談

☆連続40年大運天中殺の例 2005.9.11

昨日のMフェアに松田聖子さんが出てらっしゃいましたね。
イメージを変えたというわけでもなく、新しい境地を開いたというわけでもなく、昔のヒット曲をたっぷりと素敵に聴かせてしまわれるところ、息の長い歌手でいらして、器も大きい方だと思います。
連続40年大運天中殺の後半に入られて2年目ですか。
連続40年の大運天中殺にもいろんなパターンがあります。
前半が陽転した場合、後半は陰転するなども多いことですが、中には、運び方如何によっては後半もまた陽転される方もいらっしゃるんですね。
聖子さんの場合、5年ほど前、前半の終了が近くなった頃に検証したことがあって、その後、後半はどうなっていかれるかな・・・と注目の芸能人でした。
今の彼女のお姿を拝見する限り、再び陽転運に乗っていかれる印象です。
40年大運天中殺・・・
 そういえば2・3日まえに、東京のさるご婦人からお電話をいただきました。
ご主人様は某超大企業の役員の方ですが、ご主人様の今後の運気についてのご質問でした。
数年前に看させていただきまして、宿命干支は頭に入っておりましたが、大運の流れを思い出せず、ソフトで拝見。
「大運天中殺終了期を迎えていらっしゃいますから・・・」と言いかけて・・・おっと連続40年の方でした。
そうでした。だんだん記憶が戻ってきまして・・・。
前半から後半へバトンタッチのお話などしまして、その後よく検証させていただきましたが・・・。
人生後半、それも50代以降になって、若年期とはまた別の分野での大きなお役目を担われた方です。
 以前、お若い頃から本当に苦学され、健康も害されながら、着実にお仕事世界で上昇運に乗ってこられた男性の鑑定をさせていただいたことがあります。
その方もまた、大運天中殺の上昇の風に乗ってこられ、苦難の多い人生行路でいらしたのですが、順調に歩んで来られました。
ご自分の20年大運天中殺が来年で終わられるということをご存じで、今後の過ごし方についてのご相談だったのですが・・・。
実は、連続40年間の方でした。
とても優秀な方でいらしたのですが、今後、生き方、職種を変更していきたいというご希望があって、丁度、後半の20年大運天中殺の入り口にいらしたのですよね。
環境を変えていかれることに最適な「機」を迎えていらっしゃること、ご健康に留意され、次も強運気に乗っていかれるますよう今後の過ごし方をお話して・・・。
焦らずにじっくりと次の目標に向けて歩んでいかれることをお勧めいたしました。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。