☆ひさびさに子育て占星学 「三種の神器」

先日、1歳半の孫くん2が初のお泊り保育でした。

パパは出張中、看護師のママが嘔吐下痢症に罹ってしまい、高熱を。

孫くん2をじじばば宅に連れてきたわけです。

さて、難関の夜・・・紆余曲折はありましたが、

家にあったスヌーピーの大きなぬいぐるみ、常に持ち歩いてるお水の入ったマグカップ、「がたんごとん」の絵本の3つを両手に確保し、何とか11時頃に眠りにつきました。

夜中に目を覚まし、辺りの薄暗さとママパパがいない状況に不安を感じ、案の定大泣きでしたが、

しばらく様子を見てると、

手から離れてしまってたスヌーピーとマグカップと絵本を再度、確保し、さっと振り返り私のいることを確かめ、しばらく黙って座ってましたが、

「〇くん、〇くん」と肩にやった私の手を払いのけると、私の枕の半分を開けるようにさせ頭を載せると、身体は自分の布団に向けて再び眠ることにした様子・・・

極限の孤独に追い込まれた彼としては、己の身を護るものは、パパママじじばばの情ではなく、たからもの三種の神器ということだったみたいで・・・

天剋地冲所有の一面を垣間見たような・・・そんな一夜でした。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

My Diary, 子育て占星学

Posted by amarin