秋生真里の算命学 人生相談

かずら橋茶

高1の地理で、1時間みっちりと授業を受けた「大歩危小歩危」…

何を習ったかはほぼ記憶にないのですが、

含礫片岩のことだったのかな。

何故か印象深く、いつか行ってみようと思いながら、40数年、

祖谷めぐりに行って来ました。

 

吉野川、好きです!

image

いろいろ訪れましたが、

平家屋敷に立ち寄りました。

安德帝の御典医だった堀川内記の館。

帰りに出会った

 

かずら橋茶

 

無農薬の新茶とか、さてどうしよう、、、と躊躇してましたら、

ご当主の奥様らしき方がいらして、肥料も使わず草だけ、祖谷の霧に包まれて育つから美味しい、とご説明いただき、味わってみたくなりました。

 

家に帰り、早速いただいてみましたが、

なんとも、甘くて、優しくて、気取らない味わい、、、

ご縁を感じるお茶でした!

感謝です。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。