さきくとばかり・・・

南側の窓から見える小高い丘の公園に1本の桜の木が見えるのですが、昨日辺りが満開だったようです。
いつの間にかツバメが飛び交い、春は確実に一歩ずつ前進してますね・・・
娘は、入学する高校の春休みの課題に取り組んでますが、国語の課題にこういうのがあって・・・
「蛍の光」の歌詞を現代語に書き換えなさい。
古語辞典を参考にする方法のアドバイスを求めに来ました。
一番はお馴染みの「蛍雪の功」から始まりますが、意外にも2番の歌詞はただ漫然と歌っていたという印象でした。
改めて、その内容を噛み締めてみていたら、
つい、胸がいっぱいになってしまって・・・。
内容を探ることは娘の課題ですから、口にはしませんでしたが、
「かたみにおもふ ちよろづの こころのはしを ひとことに さきくとばかり・・・」
こういう別れを、私もいっぱい重ねてきましたこと
そのひとつひとつが本当にありがたく、
不意に思い出されて来たものですから・・・

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

My Diary

Posted by amarin